FC2ブログ
< 2009年12月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2010年02月 >
ホーム  > アーカイブ > 2010年01月

記事一覧

2010年01月の記事一覧。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント×  トラックバック×

南紀白浜アドベンチャーワールド ②

2010年01月18日(月) 22:35

ここは遊園地と動物園とサファリパークが混在したような造りで、
本当に飽きない仕組みになっています。

園に入ると、アーケード中央の噴水にはいきなり三羽のペンギンが泳いでる。
ペンギンAT噴水

もうちょい進むと唐突に、二羽のフラミンゴがお出迎え。
さらに進むといきなり象が待機所らしき所で草を食べてる。

おまけに駅長さんとして制帽をかぶったワンちゃんまでおるでよ~♪
駅長さん

ゴールデンレトリバー。大阪は堺生まれらしいw
この駅長さんほんっとーに大人しくて人慣れしてて、色んな人にナデナデされてて、
ずーっとされるがままでした。

草食動物コーナーではキリンに餌をあげました。
手から直に餌を食べるので、もうキリンの顔が目の前に迫ってくる。
舌がもんのすごい長い!なおかつザラザラしててビックリ。
目も、まるでアイラインがっつり&まつ毛のエクステ付けたような感がある。
キリン
↑「これでもすっぴんなのよん…」

海獣館へ行くとシロクマさんのご夫婦がおります。
polar bears
やる気のないポーズで、1階のお客さんにお尻むけたままw

とその時、飼育員のお姉さんがおやつタイムのアナウンス。希望するお客さんは、2階の窓から
シロクマに食パンを投げられるのです。
さすがにおやつをもらう時はちゃんとシロクマも動いてましたw
しかし大きいなあ。さっきヨチヨチ歩きしてた赤ちゃんも、行く行くはこんなに大きくなるんだな。

ガラスのそばで微動だにしないペンギンがいたので、遠慮なく写真を撮らせてもらいました。
penguin up
近くで見ると案外大きい。


さて。
1日目は軽くさらっとエンジョイしつつ、実は下見も兼ねてたのです。
そう、今回の旅の最大の目的は、こちらの有料アトラクション
『パンダ バックヤードツアー』に参加すること!!
限定30名までのこのツアー、なんとパンダにおやつを渡せるのだ。

当然ながらこのツアーは大人気で、すぐ満員になってしまう。
二日目はお宿でゆっくりしたいところを我慢して朝早くチェックアウトし、
開園前から並んでバックヤードツアーに申し込むつもりです。

入場ゲートからツアーの受付場所までを下見して、明日への士気を高めつつ
とりあえず動物園を後にして、旅館『海舟』へ移動しました。

*********************************

http://www.hotespa.net/hotels/kaisyu/

佇まいは和風旅館の『海舟』ですが、お部屋は和洋風=ベッドがあって、
お布団の上げ下ろしがありません。
着替えとかで散らかったお部屋を仲居さんに見られないでいいから、これは
ナイスアイデアだと思うw
廊下はきれいな畳敷きで、スリッパなしでそのまま館内どこでも移動できる。
和洋それぞれのいいとこ取りです。
お部屋に作務衣もあるけど、それとは別に浴衣もたーくさん種類があって、
好きな柄を選べるのも楽しい.。゜+.(・∀・)゜+.゜

波の音を聞きながら貸切露天風呂へ入り、館内のエステでゲルマニウム温浴&
マッサージ!
しっかり厚着してたとはいえかなり寒い中で一日中遊んでたので、
凍った身体に温泉の温かさが身に沁みて
じわじわ幸せな気分になる…

食事は部屋食ではなく、レストランのようなお食事処でいただきます。
17:30~と20:00~の2部制。私たちは20時スタートにしました。

お…おいしい。かなりおいしい。
和歌山はお魚がおいしいと聞いてたので、お刺身の船盛りにして正解でした。

出発前にちらちらと個人ブログや掲示板を見てて食事がイマイチ的なコメントも結構あったのですが、
いやいや、すごーくおいしかった。
だからこそ、ちょっと急かされる感があるのが残念だったw
あんなに豪華でおいしいご飯を急いで食べるのは勿体ないよー。

さてー、明朝はいよいよバックヤードツアーのために並ぶぞっっ(゚Д゚)

<< ③へ続く >>





スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 ジャンル:旅行

カテゴリ:雑記 /  コメント(0トラックバック(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。